« 相手の身になって | トップページ | 拒否されたツーショット »

2016年9月15日 (木)

帰るのイヤだ。ずーと遊んでたい。

子供たちがまだ小さい頃、家族5人(その後男一人増加)で川原へ水遊びに出かけました。帰り道、少し時間があったので堤防道路の脇にあった遊園地に寄りました。日も傾いてきて帰ろうと子供たちに声をかけたとき、4、5歳だった長男が「帰るのイヤだ。ずーと遊んでたい。」と帰るのを嫌がりました。思いがけない言葉でした。年上の長女と次男は何も言いませんでした。というより特に記憶はありません。この子だけどうしてこんなことを言うのだろうと不思議でした。

Hama_water_wheel 彼にはその後も特徴がありました。身長183cm、クツサイズ30cmになりました。アトピーがありました。不登校もありました。しかし中3と高3の時には大発奮して親の進学の心配を吹き飛ばしてくれました。大学進学の時には国立大をけり、私学に行くというので親(私)とひと悶着ありました。大学生になると一年ぐらいでアパート暮らしを始め、アルバイトに明け暮れするようになりました。親とのコミュニケーションは途絶えがちになりました。その後休学し、バックパッキングの旅に出ました。フェリーで韓国に渡り、バスとヒッチハイクでシルクロードを通り、二十以上の国を回ってロンドンまで行きました。帰国してから大学を卒業しましたが、在籍期間は7年になりました。その後ソムリエの資格を取ったりしてシェフの修行をしていましたが、癌のため29歳で亡くなりました。

子育てや長男の闘病生活についてはほかにも書いておきたいこと、参考にして頂きたいことがあります。折に触れて続けます。 写真はシリアのHamaにある大水車。写ってい人物は本人 Aug.2,2008頃に撮影。

« 相手の身になって | トップページ | 拒否されたツーショット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604181/64208862

この記事へのトラックバック一覧です: 帰るのイヤだ。ずーと遊んでたい。:

« 相手の身になって | トップページ | 拒否されたツーショット »

フォト
無料ブログはココログ