« 長男のバックパッキング(その6 ウズベキスタン:ブハラ) | トップページ | 長男のバックパッキング(その7 ウズベキスタン:サマルカンド) »

2016年11月27日 (日)

トイレの修理

懸案であったトイレの修理をしました。

我が家には一階と二階に一つずつトイレがありますが、どちらもしばらく前から臭いに悩まされていました。築35年と古くなったためかも知れないと消臭剤をいろいろ試してみましたが効果はありませんでした。

便器と床の間から悪臭が漏れているのではないかと疑いましたが、据え付け直しにはかなり費用がかかりそうです。自分でやることを考え、便器の構造を調べようとしましたがいつの間にか型番を記したシールが剥がれて無くなっていました。便器の種類や構造は様々です。あらかじめ故障箇所を推定したり部品を用意することが出来ません。

Shaping_gasketそうこうしているうちに二階のトイレで水を流したときに便器と床の間から水が漏れるようになり、待ったなしの状況になりました。というわけで、トイレが二つある利点を生かし駄目元で分解してみました。

結果は、便器はもっとも基本的な構造のもので、修理に必要な部品は便器と排水パイプの間に挟むガスケット(パテ)だけでした。ネット通販で購入し、翌日に届きました。トイレ二つの修理作業はそれなりに大変でしたが、漏水は止まり、悪臭も漏れてこなくなりました。興味のある方は小生のホームページ(URL: http://yuu.life.coocan.jp/)を見てください。修理の顛末を紹介しています。写真:排水パイプに取り付けた新しいガスケット

« 長男のバックパッキング(その6 ウズベキスタン:ブハラ) | トップページ | 長男のバックパッキング(その7 ウズベキスタン:サマルカンド) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ