« 原因は自分の技術不足だった | トップページ | 厚情 »

2017年3月21日 (火)

桜の供え物

English version

武田家の墓は家から目と鼻の先にあります。夕方の散歩の行き帰りにいつも寄っています。先日いつものように墓へ行くと見知らぬ方が一生懸命、墓に花を活けていました。ビックリさせないようにそっと後ろから声をかけさせていただきました。息子のランチや酒を通して交流のあった方でした。

Sakura_at_grave 他の用事と重なって葬儀に参列できなかったため遅ればせながら墓参りに来ていただいたとのことでした。カラーと桜の枝を活けてくださいました。季節の花を活けてくださった暖かい思いやりに感心し感謝しました。

暖かい日が続いたので桜がほころび始めました。あいにくと撮影した今日は冷たい雨が降っていますが、花のつぼみは皆膨らんでいます。思いがけず息子と一緒に花見ができることになりました。
写真:3月21日昼撮影

実は今までにも葬儀の時に都合がつかなかった方、海外旅行中だった方、海外滞在中だった方等、東京から、大阪からと時間を割いて何人もの方々に霊前に、墓参りに、来ていただきました。本人の慰霊はもとより遺族にとって予想外のこの上ない慰めでした。この折にお礼申し上げます。

« 原因は自分の技術不足だった | トップページ | 厚情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原因は自分の技術不足だった | トップページ | 厚情 »

フォト
無料ブログはココログ