« 厚情 | トップページ | 武田友宏のロンドン生活? »

2017年4月 5日 (水)

?十年後の桜並木

English version

今年も桜の季節が巡ってきました。ありがたいことです。昔、当たり前のようにその下を歩いて通った小学校への通学路の桜並木を思い出して行ってみました。それらしい古い桜の木が何本か残っていました。

Cherry_blossoms_at_nikkeこの通学路は舗装されていない、のどかな用水沿いの道でした。写真右奥の桜の手前に橋があり、その少し下流(手前)の辺りで水辺へ降りる通路がありました。朝の通学時に近所の人たちがそこで洗濯をしていた光景を覚えています。

高度経済成長期に用水は蓋をされて暗渠になり、桜の木が並んでいた左岸の土手は歩道になりました。写真にある道路右半分の明るい色の部分が暗渠の蓋になっています。アパートが立っている場所には工場の社宅が並んでいました。

あの頃の風景がそのまま今も残っていたら、春に人々の目を楽しませる憩いの場所になっていたに違いありません。便利になりましたが、今の景色には潤いがありません。便利さはいつも何かと引き替えにしか得られないようです。


« 厚情 | トップページ | 武田友宏のロンドン生活? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 厚情 | トップページ | 武田友宏のロンドン生活? »

フォト
無料ブログはココログ