« FM受信アンテナを設置しました | トップページ | 庭木の枝払いをしました »

2017年10月 3日 (火)

武田友宏からの手紙

English version
2008年のバックパッキング中、友宏がアルバイトでお世話になった店の方々に出した手紙三通を頂戴しました。一通は5月19日付けの中国ウルムチのコルガスからのもの。二通目は数枚の写真が同封された6月13日付けのキルギスからのもの。三通目は7月19日付けの絵はがきでイエメンからのものです。

Blue_arabesque 一通目の手紙の一部を紹介します。「・・・何もないコルガスという町で四川料理屋のおやじとその家族に中国語を教えてもらいながらカザフスタンの国境が開くのをゆっくりと待っています。・・・
すべてがゆっくりです。中国内横断、自分だけが速すぎました。運よく体調くずさずここまでこれたので、少し休んで体調を万全に中央アジアへ進もうと思います。元気にやっています。がんばっています。・・・」

二通目の一部です。「お久しぶりです。皆さんお元気ですか?
この手紙が届く頃には僕は22歳になっています。今、僕はキルギスタン、中央アジアの東端にある暑い暑い国で出国の準備をしています。カスピ海までアジアを横断して、そのまま南下、ウズベキスタンを東へ東へと見てまわってきました。圧倒的なイスラム建築物は常に僕を虜にします。

・・・次はいよいよパキスタンです。風の谷のナウシカのモデルになったというパキスタンの大自然にとけこんできます。」

2462heidi_in_kirgiz三通目の一部です。「武田はあいかわらず元気に歩き続けています。・・・
ムスリム国家を通り抜け、もう1ヵ月以上お酒は口に出来ていなくても、今自分に出来る限りの努力を続け、イギリスへ入り、自分の望む生活を得るため続けていきます。・・・」

写真上:ウズベキスタン・ヒヴァにて5月22日撮影
裏書:ウズベキスタン・ヒヴァ アラベスクと青のコンビネーション 大好き
写真下:キルギス・アルティン-アラシャンにて6月5日撮影
裏書:母をなくしたハイジみたいに元気な女の子 キルギス

手紙を提供していただいたお店の皆様、ありがとうございました。私にとって貴重な遺品です。大切に保管します。



« FM受信アンテナを設置しました | トップページ | 庭木の枝払いをしました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FM受信アンテナを設置しました | トップページ | 庭木の枝払いをしました »

フォト
無料ブログはココログ