« FMチューナーを替えました | トップページ | 墓の生垣の剪定をしました »

2017年11月 2日 (木)

真空管アンプのコンデンサーチューニングをしました

English version

真空管アンプの性能向上を目指して電源にコンデンサーを追加してみました。この方法に対しては賛否両論があり、またその道の学識ある方は眉唾物として捉えおられるようです。私は結果重視の自作派です。かつて電源回路に大容量のコンデンサーを追加して低音がよく出るようになった経験があります。

Condenser_added写真はコンデンサーを追加した件のアンプです。他のアンプに比べて低音が弱い感じがしていました。シャシーの上に三つ並んでいる円筒形のものがコンデンサーです。内部にも追加してあります。詳細は省きますが、電源回路の整流直後と各増幅段にそれぞれコンデンサーを追加しました。関連する半導体の保護対策も施してあります。

結果は大正解でした。他のアンプに引けを取らない迫力ある重厚な音が出るようになりました。低音だけでなく高域の音の改善も顕著でしたので、柳の下のドジョウを狙ってオーディオラックの他の二台のアンプにも同様のチューニングを施しました。
これも大正解でした。日ごろ使うすべてのアンプの高域が一様に改善したことに合わせてスピーカーのアッテネーターの減衰量を増やす再調整が必要になりました。

三台のアンプがどういうわけか全て同様の音になりました。こうなると8畳の居間で聴くには十分な音量のある一番小さいアンプが一台あれば十分です。何台も作ってきましたが・・・皮肉な結果になりました。

« FMチューナーを替えました | トップページ | 墓の生垣の剪定をしました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FMチューナーを替えました | トップページ | 墓の生垣の剪定をしました »

フォト
無料ブログはココログ